「中学歴史 平成30年度文部科学省検定不合格教科書: 検定不合格 竹田恒泰」紹介

中学歴史

僕は歴史の授業が苦手でした。「過去のことを知ってどうするの?」と「学ぶことの意味」を考える以前に、つまらなかったからです。重要な箇所は太文字になっており、ただただ暗記するだけの授業。ストーリーもほとんどないので、頭に入ってきませんでした。もっと詳しい描写があれば、興味を持ったのかもしれません。

歴史小説は好きなのに、どうしてもつまらなかった授業。教科書は読み物である必要はありませんが、つまらないものはつまらない。僕と同じ考えの人は多かったはずです。

そんな中、面白い本を見つけました。「中学歴史」と名付けれられたこの本を紹介させてください。

天皇を中心に書かれた歴史の本

教科書検定に合格しなかった教科書。本著は竹田恒泰氏と、他数名によって書かれています。「本」というよりは「教科書」に近い形で書かれていますが、堅苦しいこともなく、かなりスラスラと読める内容です。

本著は天皇を中心に書かれている教科書です。日本が日本であるのは、天皇の存在があってこそです。ここに関しては、政治的な思想は関係なく事実。だからこその「天皇を中心とした教科書」なのでしょう。著者の竹田氏は元皇族だからこその本だとも言えますね。

歴史の授業や教科書が苦手な子供でも、こちらの教科書ならすんなりと頭に入るはず。もちろん、大人でも同じく頭に入ります。表や写真なんてほぼないのに理解もしやすい内容です。

歴史の教養としての教科書

学校の授業は試験に合格するための内容になっていますが、こちらの本は教科書検定に不合格していることからわかるように、試験の役には立ちません。そのため、教養としての教科書だと思ってください。あなたの知らなかった日本が見えてくるはずです。

また、古事記や日本書記を読んだことのある方なら、知っていることも出てきますが、こちらは教科書検定に合格するために書かれた本なので史実がベース。神話とは違った歴史を学べます。

同じ著者の竹田氏は古事記を読みやすくしたものを出版しています。僕も読みましたが、非常に読みやすいです。一度でも「古事記は読んでおいたほうがいいのかな?」と考えたことのある方にはオススメです。

古事記

一般教科書にはない現代史のボリューは多い

歴史の教科書で学ぶことは、主に昔のことばかりです。ほとんどは江戸時代ぐらいまでで、近現代史のボリュームは非常に少ないです。しかも、出版社によって思想の違いでもあるのか、偏った表現になってしたり、史実とは違うことが書かれていたり。その影響で、政治的な問題になることも度々あります。

でも、僕たちが子供の頃は、近現代史なんてほとんど習わないので、なんとなくのイメージで「当時の日本は悪いことばかりしていた」と考えがちです。これは、きちんと学んでいないからです。

本書では近現代史のボリュームは多めです。もっと知りたい方は、百田尚樹氏の「日本国記」をオススメします。こちらは教科書風ではなく、読み物としても楽しめます。

日本国記

新しい史実も含まれているから大人も楽しく読める

学校を卒業してからは、歴史の教科書を読む大人なんていません。そのため、歴史的な知識もそこでストップしているわけですが、歴史的な新しい発見はされており、新しい史実もわかってきます。その度に教科書もアップデートされていくのでしょう。そのため、こちらの本で新しいことを知りました。

世界最古の磨製石器は日本で発掘されていた

世界最古の磨製石器は日本でたくさん発掘されていることを知っていましたか?

磨製石器
磨製石器 ─ Wikipediaより

そんなことは聞いたこともなければ、習ったこともありません。これによって様々な議論が行われているようで、今後が楽しみです。

聖徳太子の事実

「聖徳太子は同時に何人もの話を聞けて理解していた」というのは有名な話ですが、これは誤解だそうです。「人の話をよく聞いて、理解し、的確な答えを返していた」ということです。噂話に尾ひれはひれがついて、大げさになったのでしょう。でも、それぐらいにすごい人物だったということでもありますね。

歴史教科書の新しいスタンダードに

教科書は「面白いもの」である必要はありませんが、もっと楽しんで学べる形にして欲しいとは思ったことがあります。本書で勉強しても試験には合格しませんが、歴史の勉強にはなりますし、新しいものの見方ができたり、新しい史実も見えてきます。

たまに、「日本すごい!みたいな風潮が気持ち悪い」なんて言っている方がいますが、本書はそうでもありません。思想が偏っていると、そう見えるのかもしれませんし、もしかしたら僕も偏っているのかもしれませんが、物事を客観的に見るにはいいのかなと思います。歴史は客観的に見ないといけないものなのですから。

本書が不合格になった理由は巻末に書かれていますが、僕は教科書としてオススメしたい本書。あなたに中学生ぐらいのお子さんがいれば、自分でも手にとって読んで、渡してあげてほしいです。これは、日本人の日本人による日本人のための歴史の教科書です。