紙の本を積まないで!本が好きな人ほど電子書籍がオススメです!メリット・デメリットも紹介

を好きな人に限って「本は紙で読みたい」と言います。電子書籍と比べてみると、紙の方が読んでいる実感はありますし、内容も頭に入りやすい気もします。ページを捲る感触や、紙の匂いも好きだったり。なにより「物として残る」という大きな点がありますね。本が好きな人ほど大きな本棚を置いて、「好きな本を並べたい」という気持ちも強そうです。広い書斎を作って部屋の真ん中に椅子を設置して、ポツンと座って本を読みたい。こんな願望を持っているのは僕だけではないはずです。

電子書籍が登場して数年経っても、僕は「紙の方がいい」とずっと本を買っていました。漫画も読むので、年末になると本棚から本が溢れるのはいつものこと。大掃除の際、まとめて売るようにしていました。大した金額にはなりませんが、本棚はスッキリ。毎年の行事ですね。

「これはあまり面白くなかったな」「これはまた読みたいな」なんて手にとって思い出しながら、選別しつつ本や漫画を売っていたのですが、数年も経つと積み重なってくる本。泣く泣く売りに出した本も数知れません。

それから数年も経つと、「また読みたいな」と過去に売った本を買うこともありました。2度目なので新品で買うことはないのですが、損をした気分にもなります。また数年経てば年末に売ることになるのですが、2回も買った漫画なら、もう一度読みたくなる可能性が非常に高い。でも、また買ってしまうのはバカバカしくもあります。漫画喫茶などに行くのもアリですが、近くにないだけではなく、僕は「読みたい」と思った時に読みたいのです。

ここまで追い詰められてやっと、電子書籍にすることを考え始めたのです。

電子書籍で読書をするメリット

昔は「紙じゃないと嫌だ」ぐらいに思っていたのに、今では電子書籍での読書が習慣になっている僕。こうなったのには電子書籍で読書をするメリットがあるからです。本が好きな人に知ってもらいたいです。

電子書籍なら新品でも値段が安い

僕はAmazonで電子書籍を買っています。新作の紙の本と比べると、値段が安いのがお気に入りです。

電子書籍に再販制度は適応されていないようで、価格は自由に設定できるのか、バカみたいに安い本もたくさんありますし、長編漫画の多くが1~3巻ぐらいまで無料で配信されているのがありがたいです。おかげさまで、過去に売ってしまった漫画を一部だけ無料で手に入れることができました。

何度も読んでは売った漫画に関しては、セールの時にまとめて購入。これも電子書籍の強みです。紙の漫画の半額で購入できたり、定価でもポイントが50%ついて実質半額になることもザラです。

Amazonカードを利用して無料〜最安で本を手に入れる

Amazonカードを利用して上手にポイントを貯めていけば格安で、無料で本を手に入れることもできます。僕のおすすめ方法を紹介させてください。

僕は電子書籍だけではなく、紙の本も買っています。どれだけリクエストしても電子書籍化してくれない本もありますし、著者のこだわりなのか、紙でしか出版されない本もあるからです。

本を買う時は、いつもセール期間を利用します。大抵はまとめて買うとポイントが多く貯まるようになっているので、普段から欲しい本をチェックして「ほしい物リスト」に登録。そしてセールになったらまとめて本を買う。もちろん、Amazonカードを利用してです。

本を購入した時のポイントと、セールやまとめて購入のポイントもつくため、10冊程度の本を買うと10%以上もポイントがつくことだってあります。この貯まったポイントで電子書籍化された漫画や小説を買うのが僕の利用方法です。

読んでいる漫画が少ないという理由もありますが、ここ数年、漫画はほぼ全てポイントで購入できています。本も漫画も読む方は真似して欲しいです。

紙の本と比べると電子書籍は劣化しない

電子書籍はデジタル本のため「劣化しない」という素晴らしい特徴があります。紙の本は黄ばんだり、汚れたり、綺麗に保存しても劣化します。友人に貸した漫画を返してもらうと、醤油のシミや、ご飯粒がついていた記憶はありませんか?そんな心配はしなくて済みます。

紙の本は、劣化を防ぐための完璧な保存方法があったとしても、手間がかかるのは間違いないです。電子書籍なら汚れも劣化もなければ、保存に手間取ることも絶対にありません。

電子書籍なら買うのが楽・すぐ手に入る

本屋に行けば、読みたい本を見つけると購入してすぐに読むことはできますが、本屋にいないとできません。電子書籍ならネットにさえ繋がっていればすぐに購入できて、すぐに読むことができるし、検索したら欲しい本もすぐに表示されます。面白い漫画を発見して、続きを読むために新刊を買うときにも便利です。

「読みたい本を本屋で探す」という、ちょっとした冒険ができないのは残念かもしれませんが、便利で楽なのは間違いありません。

視力が悪くても文字サイズの拡大・縮小で解決

歳をとってくると、いつかは訪れる老眼や視力の低下。「スマホで文字を読むには辛い」という理由から電子書籍を嫌う人もいますが、紙の本だって同じです。たまに文字サイズがひどく小さな本を見かけますし、「読みにくい」と思ったことも多々あります。一方で、電子書籍なら拡大して読むこともできます。これはデジタルの強みですね。

僕も最初の頃はスマホで読んでいましたが、さすがに画面が小さくて読みにくいという欠点があります。そこで、「Amazonを利用していたから」という理由もありますが、kindleを利用するようになりました。

iPadと比べてみるとスペックは低いのですが、他のタブレット端末と比較してみると値段が非常に安いのは一目瞭然。Amazonで購入した電子書籍を読むだけの利用なら、気になる点は一つもありません。タブレット端末としても機能させたいのなら、ランクをグレードをアップしてもいいでしょうし、iPadを購入してkindleアプリを利用するのもアリです。

電子書籍なら汚さずにマーキングできる

参考書などを読んでいると、重要箇所をペンでマーキングしたり、ポストイットなどを貼ることもありますが、できれば本には何も書き込みたくないし、何も貼りたくないはず。

電子書籍ならマーキングもできますし、ハイライトをしている箇所は他のユーザーとも共有されるため、読者が注目している箇所を見れる楽しみもあります。しおりだってデジタルでつけることができるため、途中まで読んでいた本のしおりを抜かれるようなイタズラも心配無用です。

電子書籍なら紙の本と違ってスペースを取られない

電子書籍にして最も良かった点は、スペースを取らないこと。これは大きなメリットでした。

おかげで毎年末に本を処理する回数が大幅に減り、それまでは50冊近くは処分していたのですが、今では3年に一度ぐらいに10冊程度を処分するぐらいになりました。読んで良かった本を処分することもなくなり、ストレスを大幅に削ることもできたので大満足です。

分厚くて重たい本でも電子書籍なら軽量

頻繁に本を読む方は、通勤中に本を読むこともあるはず。ほとんどは片手に持てる文庫本か新書でしょう。ハードカバーの分厚い本を、通勤電車で立ちながら読む人なんて、ほとんどないはず。カバンのスペースをとるし、電車なら座りながらじゃないと読みにくいし、重くもあります。

電子書籍ならそんな心配はいりません。どんな本でも重量は同じです。

電子書籍なら在庫・売り切れる心配がない

発売前から話題の本は予約が殺到し、売り切れて読めないこともあります。もともと在庫が少ない本だと、手に入れることすら大変だったりもします。その点、電子書籍なら心配ありません。在庫の心配がいらないからです。

著者にとっては在庫がなくなるほど売れて、何回も増刷された方が嬉しいのかもしれませんが、読者にとって嬉しい電子書籍のメリットです。

電子書籍にするデメリット

電子書籍に切り替えてから多くのメリットを享受してきた僕ですが、デメリットもありました。もしかしたらメリットよりも、デメリットの方が気になる本好きの人もいるかもしれません。紹介させてください。

電子書籍は売ることができない

電子書籍は手に入れても売れませんが、紙の本は売ることができます。完結している漫画なら全巻セットで売ると高く売れることもありますし、セット売りではなくても小遣い程度にはなります。古書なら電子化されていないものも多く、売れば高値がつきそうです。つまり、紙の本は資産になるということです。

電子書籍は紙の本よりも安いので、あまり気にはなりませんが、「売ることができない」のはデメリットだと言えます。

電子書籍は貸し借りができない

漫画にしても本にしても、紙の本には「貸し借りできる」というメリットがあります。電子書籍でも貸し借りはできますが、端末そのものを貸すことには抵抗があります。勝手に本を買われてはたまったものではないですし、購入履歴を見られてしまう可能性もあります。

個人情報が盛り沢山なので、貸し借りは嫌ですね。

落丁を見かけることもある電子書籍

販売されている紙の本を読んでいて、今までに落丁を発見したことはないのですが、電子書籍では「たまに」の頻度でお目にかかります。同じ文章がかぶっていたり、重要な箇所であろう部分が抜けていたり、3ページほど白紙になっていたりも。

メールを送ると修正してくれますが、「そりゃないだろ」なんて落丁があるのも電子書籍のデメリットです。

電子書籍は端末を充電する必要がある

電子書籍なら、ネット環境のある場所で読みたいものをダウンロードしておけばいつでも読めますが、端末のバッテリーが切れると読めません。

よくあるのが、旅行の際に充電用のケーブルを忘れてしまうこと。帰りの飛行機や新幹線でバッテリーが切れてしまい、仕方なく寝るだけの帰り道の経験をしたことは何度もあります。

一方で、紙の本ならそんな心配はありません。

大きめの端末なら手が疲れます

サイズにもよりますが、文庫本サイズの本を片手に持って読んでいても、重さを気にする人は少ないはず。

電子書籍はスマホで読む分には気になりませんが、大きめのタブレットで読んでいると重さが気になってきます。電車で30分ほど片手で持っていると、ちょっぴり腕が疲れてくるというデメリットがあります。

本を保管するスペースがないなら電子書籍をオススメします

電子書籍にないもの、それは紙の感触です。画面をスワイプするのではなく、紙をめくりたい人もたくさんいるはず。電子書籍に移行したくない理由としてベスト3に入りそうです。

「どうしても紙の本で読みたい」という人には何も言いませんが、本を読むのが大好きだけど保管スペースがなかったり、漫画や書籍をできるだけ安く購入したい方、老眼に困り始めている方には電子書籍をオススメします。

僕には「電子書籍なんていらない」と意地になっていた時期もありましたが、今では十分に満足しています。最新のkindleならブルーライトも抑えられていて、目も疲れませんし、寝る前に読んでいてもさほどの影響は感じません。

読んでいて興奮する展開になっていたり、クライマックスを迎えているのなら寝つきにくくはなりますが、これは紙の本も同じですね。

本を積む必要もないので、部屋もすっきりしてきました。これを機会に前からなろうと思っていたミニマリストを目指そうと思います。